スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

留夏 逝く・・・そして半年 前編

先日、昨年の秋に永眠したルカ※(過去ブログ{留夏 逝く・・・}参照)の飼い主さんのKさんと、久しぶりにゆっくりとお話をする機会がありました。

Kさんのご友人の犬ちゃんが亡くなり、Kさんのご紹介で弊社プレシャスコーポレーションがセレモニーを承ることになったのです。

セレモニーは、その日の13時から執り行われることになり、私が担当をさせてもらうことになりました。

 

亡くなったKさんの友人の犬ちゃんは、生前はルカとも仲良しだったそうで、セレモニーにはKさんも参列されるということでありました。

私はKさんから電話でそのことを聞き、一緒に友人さん宅に行くことになったのです。

 

ちょうどお昼時ということもあり、私とKさんと少し早めに待ち合わせをして、ランチをとってから行くことにしました。

 

ルカが亡くなってから半年の月日が流れたのですが、その間、Kさんとも数度、お会いする機会はあったものの、お互いに忙しく、ゆっくりとお話をするのは久しぶりのことでありました。

 

この半年間、私はKさんとお会いしたとき「その後どうですか?」や「少しは落ち着きましたか?」と言ったような質問をしたことは一度もありませんでした。

質問をしなくても、Kさんの顔を見れば、悲しみから癒えておられないことがわかったからであります。

 

Kさんは、私と会うときは必ず笑顔で挨拶をしてくださいます。

でも、この半年間、Kさんの笑顔はどこか寂しげで、その理由を知っている私が「少しは落ち着きましたか?」なんて、聞けるはずもなく、お会いする度に、私もぎこちない笑顔を作り、無意識にルカの話を避けるようにしていたのは確かです。

 

Kさんと待ち合わせをしたレストランに、少し早く到着した私は店内で待つことにしました。

落ち着いた雰囲気の店に入ると、店員さんが私に歩みってこられ、私を店の最奥のテーブルに案内してくれました。

この店はKさんが、よく利用されるお店でもあり、Kさんが事前に予約してくださったのです。

 

鶴見緑地に隣接しているこのお店の案内されたテーブルの窓からは、緑地公園が見渡せることができ、公園ではゴールデンレトリバーを散歩させている人の姿が見えました。

私は楽しげに飼い主さんと散歩をしていたゴールデンを見つめながら、ルカのことを思い出していました。

そして、ふと、(Kさんはルカを喪った悲しみから、どれくらい癒えたんだろうか・・・)と、考えていたのです。

 

私がテーブルに案内されて10分ほど経過したころ、Kさんが店に入って来られるのが見えました。

Kさんは私の姿を確認するとテーブルまでゆっくりとした足取りで歩み寄って来られ「久しぶり野村さん。すぐに(店の場所が)わかった?」と笑顔で言ってくださったのです。

テーブルを挟み私の真正面の椅子に腰かけられたKさんに「久しぶりです。通りに面してたんですぐにわかりました」と私は返事をした後「よく来るんですか?このお店には?」と私は訊ねました。

Kさんは店内を見渡すようにしながら「たまにかな」と答えとき、店員さんがオーダーをとりに来られ、Kさんはコースランチを注文されたので、私も同じものにしました。

 

「今回は急に(ご依頼を)お願いしてごめんなさいね」とKさんは私を気遣うように言ってくださったので「いえいえ。とんでもないです。ご紹介ありごとうございます」と私はお礼を言った後「親しい方なんですか?」と、今回、ご紹介いただいたご依頼者さんの事をお訊ねしたのです。

Kさんは「そうやね。お店(Kさんが経営されているドックカフェ)のお客さんなんだけど、すごく良い人で、亡くなったワンちゃんもルカと仲良しだったの」と、濁りの無い表情でお答えになりました。

この半年間、Kさんがルカの名前をこれほど自然に口にされたのは、このときが初めてでありました。

 

私はそのことを感じながら、Kさんの話に耳を傾けていたのですが、お話をするKさんは、この半年間には見れなかった、ルカを亡くす以前のKさんの姿であったのです。

 

一通り、Kさんから、今回のご依頼者さんと亡くなったワンちゃんの話を聞き終えた後、私は「あのKさん。それで・・・Kさんはどうですか?」と、言葉を選ぶあまり、意味不明な質問を投げ掛けてしまったのです。

 

漠然とした私の質問にKさんは「え?どうって?・・・・」困惑されたように言われたので「いえ・・・なんというか」とさらに私は言葉を探していたのですが、Kさんは私の質問の意味に気付いたように「ああ・・・ルカのこと?」と顔を少し傾けるようにして言われました。

 

そう言った後、Kさんは、一つ呼吸を置くようにしながら、おもむろに窓の方に視線を逸らすようにされたのです。

 

 

ブログのスペースが無くなりましたので、この後のお話は次回に紹介させていただきます。

 

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一



 

大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せはプレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.precious-corporation.com/blog/archives/9218/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
留夏 逝く・・・そして半年 前編 from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 留夏 逝く・・・そして半年 前編

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ