スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

安らかな最期を迎えるために

プレシャス会館には仏壇や位牌などの供養品を販売しているコーナーがあるのですが、その、すぐ隣にはペット専門の酸素ボックスが展示されています。

一見、酸素ボックスは葬儀会館とは、一番、無縁な物であり、セレモニーに訪れた人達からも「なんで酸素ボックスを展示されているのですか?」と質問されることがあります。

 

もちろん、私も亡くなったペットに酸素ボックスは必要がないのは百も承知しています。

 

それなのに、私が酸素ボックスを展示するのには理由があるのです。

 

まず第一に酸素ボックスの存在を飼い主さん達に広く知ってもらいたいと思う気持ちであります。

酸素ボックスはすごく、専門的な道具であるので、扱うのが難しいと思われがちですか、実にシンプルかつ安全な医療機器であり、女性の方でも簡単に使いこなせます。

買えば高価ですが、今はレンタルが主流であり、必要な期間だけ借りることが出来ます。

設置や取扱いの説明も専属のスタッフさんがやってくれるので、頼んだその日から使うことが可能であります。

 

次に、私が酸素ボックスを推奨するのは、その有効性からであります。

酸素ボックスはペットの疲労の回復にも有効ですが、やはりもっとも酸素ボックスを必要とするのは病気のペットちゃん達であります。

病院でも、入院中のペット達は酸素ボックスに入って過ごすことが多く、医師の話によると、新鮮な酸素を補給することで、回復が早く、なによりも、ペットの体ににかかる負担が少なくてすむと言っておられました。

 

それと、これは葬儀屋である私の個人的な感想なのですが、重い病気を患い、医師から余命宣告をうけたペットちゃん達が最期の時を迎えたとき、酸素ボックスで息を引き取ったペットちゃん達は安らかな顔をしていることが多いと感じるのです。

事実、そのようにして、ペットの最期を看取った飼い主さんの話を伺うと「眠るようにして逝きました」と言われることが、ほとんどであります。

 

これは見送る側の人間のエゴかも知れませんが、やはり、最後のお別れとお見送りをするとき、ペットには安らかで、穏やかな顔を見たいと思うものであります。

 

その想いから、私は葬儀会館内に酸素ボックスを展示しているのであり、訊ねられた場合は実際に稼働して、その有効性を説明させてもらっています。

 

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一



 

大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せはプレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.precious-corporation.com/blog/archives/8991/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
安らかな最期を迎えるために from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 安らかな最期を迎えるために

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ