スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

不謹慎なことではありますが・・・

前回、三回にかけて書かせていただいたペット探偵のNさんとのことでありますが、その中で、私とNさんが握手を交わした場面がありました。

ブログを読まれた方の中には、セレモニーの当日なのに、随分、不謹慎だなと感じた人もいたかも知れませんが、あのときは自然とそのようになってしまったのであります。

 

ペット葬儀といえど、大きな枠組みで見るとペット業界であることには変わりありませんが、このペット業界も年々、拡大しており、実に多種多様な業界になりました。

ペットショップはもとより、ペットレストランや、カフェ。それにホテルやペット専門のエステサロンまであり、また、ブリーダーさん、トレーナーさん、シッターさん、獣医さん、トリマーさん等、ペットに携わる各分野の専門職も確立されています。

 

私も仕事を通じ、ペット業界に身を置くありとあらゆる人達とお知り合いになってきたのですが、そのような中で、ペット探偵のNさんのように「この人と会えて良かった」と思える人は、実はそんなに居ないのが正直なところです。

 

むしろ、がっかりとは言いませんが、話をすればするほど、残念な気持ちになるような人もいます。

詳しくは書きませんが、どちらかと言うと、そのように感じる人のほうが多いのかもしれません。

 

だから、Nさんのように心から動物を愛し、その愛情が基本となって仕事をされている人に出会ったとき、とても嬉しくなるのです。

過去、ペットのセレモニーを通じ、知り合った業界の人で、当ブログにもよく登場するペットシッターの萬本さんがいましたが、萬本さんも、知り合えて良かったと思えた一人であり、やはり萬本さんとも、萬本さんのペットの葬儀の日であるのに関わらず、握手をした記憶があります。※過去ブログ{不信感から始まるセレモニーで}参照。

 

そんなNさんや萬本さんも私と同じようなことを口にされていました。

つまり、ペット業界の人と話をすると、知らなければ良かったと残念に思うことが多いと。

 

そして、そんなペット業界の中でも、もっとも信用度が低いのが私が身を置く葬儀業界であるとも言っておられました。

悲しいことではありますが、これは現実であり、誰が悪いわけでもなく、私達ペット葬儀業界の責任であります。

二人の意見は、そのまんま、世間の評価でもあり、これを覆すのには、葬儀業界全体が高い意識を持って改善していくしか方法が無いのかもしれません。

 

少し話は逸れましたが、そのような日々の中で、共感しあえる業界の人との出会いは貴重なことであり、それゆえに、喜びが大きいのだと私は感じるのです。

その結果、不謹慎とわかりつつ、握手を交わしたのかも知れません。

 

もちろん、そのように素晴らしい信念のもと、ペットに携わるお仕事をされているのはNさんや萬本さんだけではありません。

病院のお医者さん以上にペットの体調の異変に気付くのが早いトリマーさんや高い志しを持った動物保護の活動家さんもいます。

 

いずれ、機会があれば、このブログで、そのような人達を少しずつご紹介していけたらと思っています。

 

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一

 




大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せはプレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.precious-corporation.com/blog/archives/8973/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
不謹慎なことではありますが・・・ from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 不謹慎なことではありますが・・・

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ