スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

最近、不思議に感じること

高校生のとき、中華料理の出前のアルバイトをしていた時期がありました。

そのとき「今日は暇な日だな・・・」と思った途端、電話が鳴り響き、電話をとって、注文を聞いて電話を切った後、またすぐ電話が鳴り、その後、急に忙しくなるようなことがありました。

そのとき「なんで皆、同じタイミングで電話かけてくるんですかね?これって単なる偶然ですか?」と訊ねた私に、店長は「たぶん、皆同じテレビ見てて、CMのタイミングで電話しはったんちゃうか」と答え、私も「なるほど・・・そういうことか」と納得したことを覚えています。

 

ところが、最近、ペット葬儀の仕事でも同じようにセレモニーのご依頼の電話が重なることが多く、よくご依頼者さんから「おたくずっと話し中ですね」とお叱りをうけることがあるほど、その日の同じ時間帯にいっせいに電話がかかってくることがあるのです。

セレモニーのときにペットちゃんが亡くなった時間を確認するのですが、同じ時間にご依頼の電話をくださった飼い主さんに訊ねると、ペット達が息を引きとった時間はまちまちで、その時間に電話した理由は、あえて無く、なんとなくその時間に電話されたと口にされるのです。

 

中華の出前なら、店長が言ったようなことや、たまたまテレビ料理関係のCMや番組を見た人が「なんかお腹すいたな・・・出前とろう」と同じタイミングで電話をすることはあるかも知れないのですが、これがペットの葬儀の依頼となると、それらが当てはまらず、いつも不思議に感じています。

 

 

それに、もう一つ。

不思議と同じ種類のッペットの依頼が重なることもあり、そのことは過去に{偶然では説明のつかない不可解な死の連鎖}で書かせてもらったことがあるのですが、同じ日の同じ時間帯に同じ種類のペットのセレモニーの依頼の電話が、7件重なったこともありました。

 

はたしてこういうのは偶然なのでしょうか?

私は何か関連性があると思うのですが、それが何であるかは正直わかりません。

誰か知ってる人はいませんか?

知っていたら教えてほしいです。

 

いつか、このような連鎖のメカニズムが解明される日が来るかも知れませんが、本当に不思議に感じています。

 

 

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一



 

 

大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せはプレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.precious-corporation.com/blog/archives/7171/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
最近、不思議に感じること from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 最近、不思議に感じること

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ