スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

一連の猫変死事件について

前回のブログで弊社プレシャス会館の近くにある遊歩道に住む猫が頭部に致命傷を負い亡くなったことをお話しさせてもらったのですが、実は、その事と関連性があるかも知れない、出来事が昨年の夏頃から続いています。

 

それは当社のある守口市周辺で頻繁に起こっている猫の変死事故であります。

 

そのことについて、過去にも当ブログ{謎の変死を遂げた猫達 前編}{謎の変死を遂げた猫達 後編}で書かせてもらったので、詳細は省きますが、変死した猫達にはある共通点があったのです。

 

簡単にまとめると

 

1 野良猫であり、外で生活をしていた。

2 人間に慣れており、人間を見ても逃げない(撫でられることにも慣れていた)

3 住み慣れた場所で、外傷的な致命傷を負い亡くなっていた。

4 発見者からは交通事故で亡くなったと判断されるが、事故の瞬間を目撃した人間は

いない

5 どの猫も頭部、または顔面を強打して出来た傷があり、その部分が陥没骨折しており、体は無傷であった。

と、いうものであり、そのブログの中でも、私は変死と遂げた猫達と遊歩道の消えた猫達との関連性があるのではないかと書きました。

 

そして、同じように変死をした遊歩道の白い猫も、それら共通点に当てはまるのであります。

 

これは、もう偶然という言葉ではすまされない事であると私は思っており、猫達の死の背景には悪意を持った何者かの存在があると感じています。

 

もちろん、時期を見て、警察に出向き、これら一連のことを報告する予定ではありますが、被害があったのが飼い主のいない野良猫達でもあり、本腰を入れて捜査してくれるとも思えません。

 

おそらく調書をとられた後「上に報告しときます」や「パトロールを強化します」と言われ、その後は何の進展も報告もない可能性があるのも事実であります。

 

実は数年前にも同じように守口市と隣の鶴見区を中心に野良猫が何者かに連続惨殺される事件があり、住民が警察に通報したことがありました。

 

やはり、そのときも警察は同じような対応だったそうなのですが、そのときは地元テレビの報道番組のも取り上げられたのですが、それを機に猫の惨殺事件はパッタリと鳴りを潜めたようなことがあったのです。

 

鳴りを潜めたからといって、犯人が捕まった訳ではなく、おそらく騒ぎが大きくなったので、露骨に犯行をおこなうことを控えただけだと思うのですが、今回の事件も、キーになのは住民さん達による防犯意識の向上なのかも知れません。

 

今後、私は仕事の合間に微力ながらスタッフ達の協力のもと、一連の事件の解明に向けて活動するつもりでいます。

 

ですので、もし、なにか事件のことで情報をお持ちの方はご連絡ください。

 

よろしくお願いします。

 

プレシャスコーポレーションスタッフ一同。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.precious-corporation.com/blog/archives/14089/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
一連の猫変死事件について from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 一連の猫変死事件について

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ