四季と死期

寒い季節には小さなペットのセレモニーが重なると、ブログに書いたことがありますが、冬が終わり、春が訪れると、その傾向は一度、落ち着きを見せます。

 

変わって、気温の上昇に伴い、春から夏にかけて大型犬に代表される大きなペット達のセレモニーのご依頼が増えてきます。

 

小さなペットであっても、比較的、体格の良い子や、平均体重をオーバーしている子は寒さより、暑さのほうが体にかかる普段が大きいこともあり、これからの季節に体調を崩すことがよくあります。

 

この仕事をしていると、寄せられるペットの訃報を聞いて季節を感じることがあるのですが、4月も中頃に差し掛かり、大型のペットや立派な体格のペット達のセレモニー依頼が増えました。

前日も、私が担当したのは、10キロを超えるミニチュアダックスちゃんと8キロ近い猫ちゃん。それに7キロのチワワちゃんのセレモニーでありました。

 

細いペットちゃんのセレモニーでは、祭壇に横たわる姿は見てるだけで、つらくなるほど、悲しく映るものなのですが、体格の良いペットちゃんは、いかにも健康そうで祭壇に横たわっていても、眠っているようにしか見えないことがあり、それが逆に違う悲しみを生むようなことがあります。

そして、体格の良いペットちゃんの飼い主さんは、そんなペットちゃんの顔を見て「ほんまに眠ってるようにしか見えないのに・・・」と、よく口にされるもので、そのせいか、お焼香の儀が終わり、出棺するまでの「最後のお別れの時間」が長くなるのも、一つの特徴であります。

 

そのような飼い主さんを多く見る季節になると、毎年のように私は夏の訪れが、そう遠くないのだと感じるのです。

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一



 

大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せはプレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660



 

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.precious-corporation.com/blog/archives/9171/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
四季と死期 from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 四季と死期

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ