スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

火葬の前に私が飼い主さんに告げるつらい言葉

ご火葬の前に必ず私が飼い主さんに告げる言葉があります。

それが、飼い主さんにとって、どんなにつらいことであるのかをわかっていながら、必ず飼い主さんに、その言葉を伝え、ある判断をしてもらうのです・・・

 

 

弊社プレシャスコーポレーションで執り行うお葬儀及び、ご火葬は訪問自宅葬のときはもちろん、会館葬のときも、全て個別で実施させてもらっています。

それは創業以来、一貫して続けてきたことでありますが、その理由は一つではありません。

 

まず、火葬については、ブログでも何度も触れてきたことであるのですが、個別でないと、遺骨を綺麗に残せないからであります。

そのペットの骨の状態は年齢や病気と治療の経緯。それに遺伝的な体質や食生活にもよっても違うため、一体一体、骨密度を目視で見極めたうえでの温度調節が必要となり、それが当社がこだわってきた火葬における個別制の最大の理由でもあります。

次に、お葬儀の個別制についてでありますが、当社のセレモニーは、読経をあげ、飼い主さんご家族のお焼香の儀が終わった後、火葬に向かう出棺までの間に「最後のお別れの時間」というのを設けさせてもらっています。

その時間は当然ながら個人差があり、5分ほどで済むときもあれば、一時間以上かかる場合もあります。

 

このお時間だけは、飼い主さんによって大きく違うものであり、これだけは私達葬儀屋サイドが区切れない時間であると私は思っています。

飼い主さんの気持ちの区切りができていない状態であるのに定刻通りに出棺し、火葬を実施するのは、あまりにも非情なことだと思います。

 

よって、当社では、お葬儀も完全個別制のみを実施してきたのであり、一つのセレモニーにつき、四時間の時間配分をとっているのです。

が、しかし、飼い主さんによっては、それでも足りないときがあります。

 

その日の、セレモニーの予約状況にもよりますが、休日などは、朝から深夜までぎっしり予定が詰まっているので、次のセレモニーに影響が出てしまうことがあり、そのようなときは、時間帯をずらしたり、場合によっては翌日以降に延期をしていただくようにしてもらっています。

 

延期をしてまで、そのようにするのは、私の経験上、この「最後のお別れの時間」だけは、定められた時間に従って実施するものではなく、絶対に自分の意志で区切りつけなければならないものであると、考えているからであります。

 

どんなにつらくても、愛する者に死が訪れたとき、遺された者をそれを受け止めなくてはなりません。

 

悲しいことでありますが、その事実から目を背けて生きてはいけないのであります。

 

もちろん、僅かな時間であれば、自分を誤魔化して、やり過ごすことも出来るでしょう。

 

しかし、いくら目を逸らしてみても、いつかは、その現実の前に戻ってしまい、向き合わなければならないのです。

 

 

だから私は、この「最後のお別れの時間」がペットちゃんの生前と変わらぬ姿の見納めの時間でもあることも知っていながら「出棺のお時間はご自身の判断で決めてください」と、捉え方によっては、とても、つらい判断を飼い主さんに委ねるのであります。

 

本当に非情で冷酷なことでありますが、愛する者との別れの時間は他の何かに決めるのではなく、自分の意志で決めてこそ意味があるのだと私は思っています。

 

愛する者との別れは目を逸らして背中で見送るのものではありません。

愛するからこそ、胸で受け止めて見送ってあげないといけないのです。

 

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一



 

大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せはプレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.precious-corporation.com/blog/archives/8787/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
火葬の前に私が飼い主さんに告げるつらい言葉 from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 火葬の前に私が飼い主さんに告げるつらい言葉

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ