スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

遺骨を大切に保管するために

当社の会館には納骨堂が完備されていて、当社で葬儀及び火葬を執り行ったペットの遺骨はすべて費用がかからず納骨できるのですが、9割以上の飼い主さんは火葬後、遺骨を骨壺に納め、手元に置いておかれるものです。

 

人間の場合は、四十九日法要に従い納骨されるのですが、ペットの場合、お墓自体が無いことがほとんどなので、火葬後の遺骨の処遇については飼い主さんの意向に沿う形で決まることになります。

ペットの納骨の時期については人間の場合と違い、明確な日取りが定められていないことから、長い期間、場合によっては一年以上、自宅で保管されている飼い主さんもいらっしゃいます

 

このことが明確な法要がある人間と、そうでないペットとの決定的な違いでもあるのですが、遺骨を保管するお骨壺は長期間、遺骨の状態を保つようには設計されていないので、そのことで、ある問題が発生することがあります。

 

それは、長い間、自宅に保管することで、骨壺の中の遺骨にカビが生えてしまうことであります。

 

とくに梅雨時期など、湿気の多い季節にカビは発生しやすいのですが、骨壺を開けて見たときには既にカビだらけになっていたという話も少なくはありません。

 

弊社プレシャスコーポレーションでも納骨の時期については飼い主さんに一存しており、明確な期限を設けておりません。

あくまでも飼い主さんの心の区切りがついたときに納骨をしてもらって構いませんよというスタンスであります。

 

つまり、その納骨がセレモニー当日であっても、10年後であっても構わないという方針であるので、その間の遺骨の保管方法については飼い主さんにお任せすることになります。

 

その事も考慮したうえで、カビの問題も頭にあるのですが、セレモニー当日にどれくらいの期間、自宅で保管するかなど、明確にお決めになっている飼い主さんは少ないもので、我々葬儀屋側も、セレモニーの席で遺骨のお話する機会はほとんどありません。

仮に長い期間、自宅で置いておくと飼い主さんが明言された場合は遺骨を納めたお骨壺をなるべく風通しの良い場所で保管してもらうことや、エアコンの風が直接当たらない場所を選んでもらうことを進言するようなこともあるのですが、飼い主さん自身も、ペットを喪った直後は遺骨のことまで頭が回らないのも当然で、骨壺の保管場所を決め、自宅で供養することまでは出来たとして、最終的にどの時期にどのような形で供養すればいいのか考えているうちに月日が流れてしまい、気が付けば長い期間、自宅に置いたままになってしまっているようなこともあるはずです。

 

そこにはやはり、遺骨はペットの形見でもあると考えている飼い主さんの気持ちの部分が大きく作用しているのでしょう。

いつかは、霊園施設にせよ、自宅の庭や花壇に埋葬して土に還してあげなければいけないと思っていても、なかなか踏ん切りがつかないような飼い主さんの気持ちも私は理解できます。

 

理解できるからこそ、当社では納骨の時期に期限を設定せず「心の区切りができてから納骨してくださっても構いません」と言葉を添えてセレモニーを終えているのです。

 

そこで弊社プレシャスコーポレーションでは、今、そのような問題に対応すべく、自宅で遺骨を保管することに適した仏壇の開発に着手することにしたのです。

 

コンセプトとしては長期間、湿気から遺骨を守れるよう、骨壺ごと中に保管できることと、納骨後は、普通の仏壇として使用できることの二点であります。

もちろん、純国産で、一つ一つ、手作りでなくてはならないと考えております。

 

現在、京都の清工房さんの職人さんに依頼して、試作品を作ってもらっています。

この職人さんとは、職人さんの愛猫が亡くなったとき、当社でセレモニーをご依頼されたことがきっかけでお知り合いになったのですが、この仏壇の必要性を充分に理解してくださり、材料費以外、ほとんど無償に近い形で協力を申し出てくださったのです。

 

これは私のこだわりでもあったのですが、通常、仏壇といえば○十万と値段が張るものですが、私は高価な金品の装飾がなくてもいいので、出来れば、一万円以下で作りたいと考えていました。

 

目的は供養と遺骨の保管であり、そこに余計な装飾は必要ないと思ったからです。

 

しかし、一つ一つ、職人さんが手作りしてくださる以上、さすがに1万円以下に抑えるのは難しく、最終的には一万円台の半ばに落ち着きそうであります。

 

来月より会館で展示販売しますので、興味がある人は会館に見に来てください。

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一



大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せはプレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.precious-corporation.com/blog/archives/6014/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
遺骨を大切に保管するために from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 遺骨を大切に保管するために

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ