スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

小さなペットの火葬

弊社プレシャスコーポレーションでは創業以来、ペットの種類や大きさに関係なく、全て個別での火葬を実施して参りました。

 

骨というのは、ペットの個体が小さければ小さいほど、繊細であり、当然のことながらお骨を残すこと目的にする火葬では細心の注意が必要であります。

強い火力で一気に火葬すれば、短時間で終わるものの、遺骨はほとんど残りません。

そいうい意味で、大きなセントバーナードより、小さな小鳥の火葬の方がはるかに神経を使うものであります。

 

火葬するペットの種類、体格、年齢、体質を見極めたうえで、火力と時間の調節をしないと遺骨は綺麗に残せないものであり、それらを微調整するのは現時点で、機械より人間の方が優っています。

 

その事実を重々に承知しているからこそ、当社ではどんなに小さなペットであって目視による個別手動火葬を実施しているのです。

 

そのことが理由なのか、ここ最近、小鳥・ハムスター・モルモット・爬虫類の火葬依頼が飛躍的に増えました。

ご依頼者の半数以上が過去に当社で火葬をご依頼してくださった飼い主さんからの紹介であり「小さなペットであってもちゃんとお骨を残してくれる葬儀屋さん」といった触れ込みでご紹介をしてくださっているようであります。

 

ご紹介をうけることは最大の評価の証であると考えている私にとって、この事実には感謝するとともに、素直に喜びを感じています。

 

 

しかし、どんなことであっても現状に満足することはよくありません。

さらなる向上を目指し、日々の進歩と努力が必要であります。

 

上記に記したように、小さなペットの火葬は我々、人間のスキルが大切なことに変わりはないのですが、同じように機械や器具のスキル向上も必要であり、開発努力も怠ってはいません。

 

弊社では昨年に完成したペット専門の熱火葬炉OKURUを開発した技術スタッフにより、現在、小さなペット専門の火葬炉の開発に着手することにしました。

 

下記の写真はその火葬炉のパーツの一部なのですが、空気口の位置・数・サイズ等によっても、大きく結果が左右されるので、何度も実験を繰り返しながら繊細な微調整を行っている段階であります。



 

9月に開館する新会館では小さなペット専門のセレモニー施設も開設する予定であります。

 

小さなペット専門のセレモニー施設と火葬炉が完備されている葬儀屋が一つくらいあってもいいと思いませんか?

 

私はそう思います。



 

大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せはプレシャスコーポレーションまで
大阪本社
〒570-0095 大阪府守口市八島町13-36
ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.precious-corporation.com/blog/archives/5070/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
小さなペットの火葬 from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 小さなペットの火葬

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ