スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

ブログを書きながら思い出すこと・・・

ペット葬儀という仕事を通じ、私が日々、感じたことを中心に、あくまでも私の目線でブログを綴らせてもらっているのですが、その回数は気付けば200回を越え、我ながらよく続いているなと思う今日この頃であります。

私は今まで、日記の類のもを書いたことはあっても、長続きしたためしがなく、小学校の夏休みの宿題のあさがお観察日記ですら書きませんでした。

 

理由は単純明快。面倒だからです。

 

このブログは「スタッフブログ」と銘打ってる以上、業務の一環だということは否めません。

仕事なのだから、ブログを書くことは当然といえば当然なのですが、私が代表という立場である以上、更新ペースを指示されることもなく、すべて私の自己管理内の範囲で書いているのですが、先にも述べたように、超が付くほど面倒くさがりの私という人間が、なぜにこのブログだけは、これほど真面目に書き続けているのが不思議になることがあるのです。

 

会社のPR?

もちろん、それもあります。

ブログを通じ、それをネットで発信することで、会社の理念やペットセレモニーという我々の仕事を広く認知してもらいたいという思いも当然あります。

しかし、ブログを書いていて、それ以上に自分が「何のために」そして、「誰のために」書いているのかが最近になって気付いたことがありました。

 

死と命という尊いものを題材にしている以上、自ずと多用する言葉があります。

例をあげれば「別れ」「悲しみ」「事故」「涙」「失意」等の言葉であるのですが、それらの言葉を使うとき、ふと、ブログを綴る手が止まっていることがよくあります。

そして、それらの言葉から触発をうけ、自身のペットロスの記憶や自分が過去にセレモニーを担当したペットちゃんと、その飼い主さんのことを無意識の内に思い出し、今、どうされているのだろうか?悲しみから抜け出し、前向きに歩んでらっしゃるんだろうか?という思いが頭を過ぎるのです。

 

そのような飼い主さんの中には、老若男女に関係なく、たった数時間、二言三言しか会話を交わさなかった人もいるのですが、強い印象を私の脳裏に刻む人もいらっしゃいます。

 

自分でもなぜ、その人達のことがそれほどまでに印象に残っているのかがわからないのですが、ブログを書く度に思い出す人もいます。

 

毎日のように旅立つペット達と見送る飼い主さん達を間近で見守る人間として、その時々で感じたことや考えさせられたことをブログに書かせてもらっているのですが、ブログに取り上げさせてもらうときは、もちろんそのペットや飼い主さんのことを思いながら書き始めます。

でも、その話を通じ、同時に私の心に残っているペットを喪った飼い主さん達に向けても私なりの思いを重ねて書いている自分が居ることに最近になって気付いたのです。

 

しかし、そのような人達が、私のブログを読んでいるとは限りません。

なぜならば、セレモニーの席で私がブログを書いていることを話すことはありませんし、それどころか当社のHPにスタッフブログなるものがあること自体、知らない人がほとんどだからであります。

それらをわかったうえで、私はその人たちに向けても自分の思いや感じたことを書いているのです。

 

いつか、そのような人達が、ブログの存在を知り、目にする機会があったとき、何か一つでも私のブログから思いが伝わってくれたなら、それはそれで、とても嬉しいことだと思っています。

 

その願いを込めているからこそ、ブログを続けてこれたのだと感じていますし、これからも可能な限り続けていこうと私は思っています。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.precious-corporation.com/blog/archives/3358/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ブログを書きながら思い出すこと・・・ from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > ブログを書きながら思い出すこと・・・

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ