スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

「心配いらんからね・・・」先立つ悲しみと、遺される寂しさ 4

翌日、私は再びMさん宅を訪問しました。

 

インターホンを押すと、すぐにMさんがドアを開けてくださり、「昨日はごめんなさいね」と声をかけてくれました。

 

Qちゃんは昨日と同じ玄関と居間の間の段差になった所に安置されていたので、私はもう一度、合掌をさせてもらった後、Mさんに「昨日、あれからQちゃんは親交のあった人とお別れできたんですか?」と訊ねました。

 

Mさんはうなずきながら「まあ、親交あったいうても私の友達が3人ほどと、高槻におる息子が夜に来ただけやけどね」と目尻を細めて言われたのです。

 

「そうですか」と返事した私に、「でもね、私にしたら、死んだらすぐに火葬してあげな痛む(状態が進行する)って思うてたんでね、1日多く一緒に居れたことのほうが嬉しかったんです」と、Mさんはしみじみと言われていました。

 

私は無言でうなずき、暫しの間、Mさんと並んでQちゃんを見つめていたのですが、不意にMさんが「ほんま・・・このまま置いておけるもんならずっと置いておきたいですわ・・・」と独り言のように言われたのです。

 

「そうですね・・・ほとんどの飼い主さんが同じようなことを言われます」

 

私がそう言うと、Mさんは「やっぱり・・・皆、同じなんですかね・・・」と言われた後、静かに涙を流されていました。

 

Mさん宅には駐車スペースがなく、Mさんは引取り一任火葬を希望されていました。

 

引取り一任火葬の場合、我々葬儀屋スタッフがペットちゃんだけお預かりして、会館に戻り、火葬をすることになるのですが、そのような場合、私自身が飼い主さんとのお別れのタイミングの見極めに迷うときがあります。

 

どうしても、お引き取りの場合、飼い主さんがペットちゃんだけが連れて行かれるような心境になられ、いざという時、とても悲しい気持ちになられる人がいらっしゃるからです。

 

それがわかるが故に、そのタイミングの見極めはとても大切なんですが、私はこのときMさんの表情から、もう少し時間が必要だと感じていました。

 

私の隣で涙を流しながらQちゃんを見つめていたMさんは、ゆっくりとQちゃんに近づき、Qちゃんが横たわっている段差に腰をおろし、そして、スッとQちゃんの体に手を伸ばされたのです。

 

私はその場でその光景を静かに見守っていたのですが、MさんはQちゃんの体に触れながらポツリと「心配いらんからね・・・」と言われたのです。

 

ペットちゃんとお別れするときに「ありがとう」と感謝の言葉を口にされる方は多いのでありますが「心配しないでね」という意味合いの言葉を口にされる飼い主さんはほとんどいません。

 

というか、私自身、このような場面で聞いたのは初めてだったかもしれません。

 

「心配いらんからね・・・」

 

このようなとき、この言葉には2つの意図が考えられるのですが、それは「あとは天国に逝くだけだから心配しなくていいからね」という気持ちから出る言葉と「私は一人になるけど心配しなくていいからね」という気持ちから出る言葉であります。

 

おそらくMさんは後者の方であったと思います。

 

 

ブログのスペースが無くなりましたので、この後のお話は次回に紹介させていただきます。

 

 

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村




大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せと
お手元供養品のお問い合せは

プレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.precious-corporation.com/blog/archives/17864/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「心配いらんからね・・・」先立つ悲しみと、遺される寂しさ 4 from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 「心配いらんからね・・・」先立つ悲しみと、遺される寂しさ 4

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ