スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

お骨に触れたいとき・・・

先々月、納骨堂の拡張工事を実施いたしました。

 

工事に踏み切った最大の理由は納骨棚のスペースが残り少なくなったからであります。

 

今では、当社でペットちゃんのお見送りをされた方のみならず、他社ご火葬をされた方も、プレシャス会館納骨堂の納骨される方も増え、また、すぐに永代供養はされず、納骨期間を延長される方も増えました。

 

現在、当納骨堂では、1年毎に納骨期間満期のお知らせをハガキで郵送しているのですが、今年に入り、延長される方が大幅に増えました。

 

理由は色々とあると思うのですが、私はその一つに、お墓にはない、納骨堂だから可能な、ある特質な要素が存在しているからだと思っています。

 

それは、納骨堂なら、「お骨を見ることや触れる」ことができること、であります。

 

お墓にいれた場合、もし、お骨を見たり触れたりするには墓石や蓋を開けなければないりません。

 

霊園によっては家族であっても、それらの行為を無断ですることを禁じており、開ける場合に費用が発生するようなところもあります。

 

ところが、納骨堂はお骨を収骨したお骨壺そのものが納骨棚に納めてるだけなので、いつでもお骨を見ることができ、直接、触れることもできます。

 

納骨堂に参拝に来られた方が、納骨堂に設置してある応接セットの椅子に腰かけてお骨を撫でている姿を見かけることもあり、これも人間の納骨堂ではあまり見かけないペットならではの光景なのかも知れません。

 

そのような光景を見た別の参拝者の人が「触ってもいいんですか?」と質問されることもあるのですが、私は「構いませんよ」と返答しています。

 

このことに賛否はあると思いますが、私は問題ないことであると認識しております。

 

このようなこともあり、今後、お墓ではなく納骨堂にお骨を納める人が増えていくような気がするのですが、もしかしたら人間の霊園業界もそのような流れになっていくような気さえ私はしています。

 

お骨に触れたいとき・・・

 

そういうときって確かにありますよね・・・

 

 
プレシャスコーポレーション

野村圭一

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せと
お手元供養品のお問い合せは

プレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.precious-corporation.com/blog/archives/17385/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
お骨に触れたいとき・・・ from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > お骨に触れたいとき・・・

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ