スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

飼い主さんには見えている

ペット火葬の場合、お骨上げの際、細部に渡って全てのお骨を収骨し骨壺に収められる方が大半を占めます。

 

特に猫や小型犬は全て収めたとしても標準サイズのお骨壺に収まりきるので、そうされる飼い主さんが多いのも確かですが、それ以上に、飼い主さんのペットに対する「たとえ細かく割れてしまった骨であってもペットの一部だから」という愛情が、そのようにされる最大の理由であると私は思っています。

 

そして、骨上げ箸でつまめないほど、細かくなってしまったところや、灰になってしまったところを、刷毛で集めてお骨壺に収められることもあるのですが、あえて、それは骨壺には入れず、別の袋か何かにとっておかれる飼い主さんもいらっしゃいます。

 

「どうされるんですか?」

 

そのようなとき私は必ずそう質問するのですが、大抵の飼い主さんは「いずれ時がきたらこの子(亡くなったペット)が好きだった場所にまいてあげようかなって思ってます」とお答えになる人が多くいらっしゃるのです。

 

この子が好きだった場所。

 

もちろん、それはそのペットによって違うものではありますが、いつも遊んだり、日向ぼっこしていたお庭や、散歩に行っていた公園なのかも知れません。

 

同じように、自宅で火葬を実施される場合、お骨上げ後すぐ、灰になってしまった部分をそのままお庭にまかれる人もいらっしゃるのですが、そのようなとき、飼い主さんは「好きなだけ遊びや」や「ずっとここに居てね」とペットに話かけるようにされながら、まかれるものです。

 

そのような光景を幾度となく間近で見守る私は、そんな飼い主さん達を見て、いつも感じることがあるのですが、そんなとき、飼い主さんはお庭にまかれた後、暫しの間、静かにお庭を見つめておられ、まるで庭で元気よく遊ぶペットの姿が見えてるかのように涙を流しながらもとても優しい表情になられるのです。

 

声をかけるのもためらうほど、そこには飼い主さんとペットちゃんしか入れない空間があるようで、私はそのようなとき、黙ったままその光景をただ見つめるようにしているのですが、もしかしたらそのとき、飼い主さんにはペットちゃんの姿が見えているのかも知れません。

 

いや、きっと見えているはずです。

 

見えているからこそあんな優しい表情にはなられるのでありましょう・・・

 

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せと
お手元供養品のお問い合せは

プレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.precious-corporation.com/blog/archives/16044/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
飼い主さんには見えている from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 飼い主さんには見えている

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ