スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

「発症」初めての猫 初めての別れ 4

里親になろうと思った猫が白血病のキャリアであった・・・

 

「それでも里親になろうと思われたのですか?」という私の問いにAさんはうなずき「はい・・・正直、一瞬迷ったんですけど、クロじゃない子を引き取ったら後悔しそうな気がしたんです・・・というか、クロを引き取らないとずっと後悔すると思ってボランティアさんにお願いしたんです」と、言われたのです。

 

「それはいつの話なんですか?」と私が訊ねると「2年前の春です」とAさんは返答されました。

 

その後、私がAさんから聞いた話しをまとめますと、Aさんはクロちゃんの里親になることを承諾してもらい、その日のうちにクロちゃんを自宅に連れて帰ったそうです。

 

クロちゃんはすぐにAさんにも新しい環境にも慣れ、食欲もあり、健康な猫と何ら変わらない生活を送っていたのですが、Aさんにとっても慣れない大阪の生活を始めたばかりの時期にあり、クロちゃんの存在は心強く、なくてはならない存在になっていったそうです。

 

キャリアの猫ちゃんを飼っておられる人はわかると思うのですが、白血病であっても発症しなければ健康な猫ちゃんと同じ生活が送れ、普通にこのまま長生きできるように感じるものです。

 

実際、発症せず10年以上長生きする猫ちゃんもたくさんいますし、Aさんもクロちゃんだけはずっと元気なままいられると信じていたそうです。

 

ところが、クロちゃんがAさんに引き取られて1年半が過ぎたときでありました。

 

クロちゃんは、白血病を発症してしまったのです・・・

 

それからは話をするのもつらくなるような闘病生活が始まり、発症して三か月後、クロちゃんはAさんが見守る中、息を引き取ったそうです。

 

一通り、お話してくださったAさんは、その間、膝の上のクロちゃんをずっと撫ででおられました。



そして「昨日も枯れるくらい泣いたのに、涙ってこんなに出るもんなんですね・・・」と切ない笑みを浮かべながら言ったAさんは、もう一度、クロちゃんを抱きしめ「ありがとう・・・」と言葉をかけた後、「火葬お願いします」と静かに私に告げられたのです。

 

「はい・・・・」と息を飲みながら返事した私は「どうぞ。こちらです」と斎場までクロちゃんを抱いたAさんを誘導させてもらいました。

 

火葬炉の前でAさんからクロちゃんを受け取った私は「構いませんか?」と確認をした後、優しくクロちゃんを火葬炉に納めました。

 

Aさんは、両手で顔を覆いながら、背中を向けて目を逸らされたのですが、見届けなくてはいけないと、気持ちを奮い立たせるようにして、もう一度、振り返り、火葬炉の中のクロちゃんを見つめながら合掌にてお見送りをされたのです。

 

その姿勢のままAさんがゆっくり目を閉じたので、私は静かに火葬炉の扉を閉めました。

 

点火スイッチは私が入れさせてもらうことになり、私は点火の呼び声と同時に火葬炉を稼動させたのです。

 

そのとき、Aさんは体を震わせ、声をかけるのも躊躇うほど、泣き崩れられました・・・

 

私は「Aさん。待合室の方に」とAさんを支えるようにしながら待合室に入り、ソファーの所までお連れさせてもらいました。

 

Aさんは力が入らないようにソファーに身を沈め、それでも待合室からカーテン越しに見える火葬炉から目を離すことはなく、涙で濡れた目で見つめておられたのです・・・

 

 

ブログのスペースが無くなりましたので、この後のお話は次回に紹介させていただきます。

 

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せと
お手元供養品のお問い合せは

プレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.precious-corporation.com/blog/archives/15833/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「発症」初めての猫 初めての別れ 4 from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 「発症」初めての猫 初めての別れ 4

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ