スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

「お見送り」ある新聞配達員さんと野良猫ちゃんのお話 3

自分のペットではない仔猫のために火葬をしてお見送りしてあげようとされているSさんとはどんな人なんであろう・・・

 

そんなことを考えてながら、私はSさんが自転車で来られる時間を見計らって会館前に出て待つことにしたのです。

 

その日は晴れで、外に出ると朝方に冷え込んだ空気が嘘のような小春日和を感じれる穏やかな気温になっており、私は思わず体を伸ばした拍子にあくびが出てしまいました。

 

(気持ちいい日やな・・・)と私はふと空を見上げた後、中央分離帯を挟んだ反対車線の歩道に自転車の女性の姿が見えたのです。

 

(もしかして・・・Sさんかな)と思ったのですが、女性は向こう側の歩道で自転車を止め、プレシャス会館を見上げるようにされていたのですが、次の瞬間、ペダルに足をかけ、そのまま会館を横切るようにして走り去って行かれました。

 

(違ったか・・・)と私は思い過ごしだったと思いつつ、自転車の女性を目で追っていたのですが、次の信号の手前で、その女性は再び自転車をこくのを止め、もう一度、会館を振り返られたのです。

 

振り返った女性は不安そうな表情を浮かべられており、私はその顔を見て(Sさんに違いない)と確信し、胸ポケットからスマホを出して、着信履歴に残っていたSさんの携帯番号に電話をかけたのです。

 

着信コールの音声が流れると、自転車の女性もバックから電話を取り出されるのが見えました。

 

やはりSさんだと思った私は、そのまま会館を出て、歩きながらSさんが電話に出られるのを待ちました。

 

7コール目にSさんは「はい・・・」と電話に出られたので私は「プレシャスコーポレーションの野村です」と名乗った後「Sさん。今、ちょうど会館の向え側を横切られませんでしたか?」と私が言うと、Sさんは「ああ・・・やっぱりさっきの白い建物の所だったんかな・・・」と、もう一度会館の方を振り向かれたのです。

 

「はい。今、私ちょうど会館の前に出てるんですけど、見えますか?」と言いながら、私は手を上げました。

 

「ああ!見えます!わかりました。すぐ戻ります」とSさんは少しだけホっとした声でそう言われ、信号を渡って会館の前まで来られたのです。

 

私はそのまま会館前でSさんを出迎え、あらためて自己紹介をした後「もう来られるお時間だと思って前で待ってたんですが、通り過ぎて行かれるのが見えて『もしかしたら』と思って電話したんですよ」と説明をしました。

 

Sさんも「あの・・・Sです。すいません、地図で調べて場所はわかってたんですけど、勝手にもっと小さな所やって思ってたんで・・・」と少し顔を赤らめて言われたのです。

 

「そうでしたか。どうぞ中へ」と私はSさんを誘導するようにしてセレモニーホールまで案内させてもらい、Sさんは両手に小さな箱のような物を大切に抱えながら、私の後をついて来られました。

 

私はそのタイミングで、もう一度、セレモニーの流れをSさんに伝え、ご火葬前に、読教をよませてもらいながら、お焼香の儀を執り行わせてもらっても費用は変わらないことも説明したのです。

 

Sさんは承諾され「じゃあ、そのようにお願いします」とセレモニーホールに入られたので、私はSさんから箱の中で安置されていた仔猫ちゃんを丁重に受け取り、祭壇に寝かせてあげた後、装束を施しました。

 

そん姿を見られたSさんは、思わず涙ぐまれ、口元を両手で押えるようにされたのです。

 

私はろうそくと線香に火を灯し、少しSさんのお気持ちが落ち着かれるのを待ちました。

 

 

 

ブログのスペースが無くなりましたので、この後のお話は次回に紹介させていただきます

 

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せと
お手元供養品のお問い合せは

プレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.precious-corporation.com/blog/archives/14651/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「お見送り」ある新聞配達員さんと野良猫ちゃんのお話 3 from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 「お見送り」ある新聞配達員さんと野良猫ちゃんのお話 3

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ