スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

この季節に見落としがちな危険な事故

桜が散り、季節は着実に春から夏に向かっていると実感できる、ここ数日の穏やかな気温は、年間を通じてもっとも過ごしやすい時期でもあります。

 

ところが、この季節、けして多くはないのですが、毎年のようにある事で命の危機に直面するペットがおり、最悪の場合、命を落とす子もいるのです。

 

それは「熱中症」による被害であります。

 

春に熱中症と聞いて、「え?」と疑問をお持ちになった人もいるかも知れません。

 

なぜなら熱中症は夏期に起こる事故であり、春とは無縁の事故であると思われているからであります。

 

事実、ほとんどの熱中症事故は、夏に起こるのですが、実は春にも、ある条件下で起こり得ることがあるのです。

 

それは日中の車内で起こる熱中症であります。

 

熱中症については私も過去に何度もブログで警告をさせてもらったことがあるのですが、そのいずれも夏期に関してのことでありました。

 

もちろん、ペットを飼ってる人なら誰でもここ近年の日本の夏の暑さからくる熱中症の恐ろしさについてはご存知であり、夏場になれば、その対策もとられていると思います。

 

しかし、この時期はようやく冬の寒さからも解放され、暑さ対策というより暖かさを満喫するような感覚になりがちであり、ましてや熱中症対策など、ほとんどの人は考えないと思います。

 

日中は過ごしやすく、一日を通して快適に感じる時間帯も長くなり、おそらくペットも快適だろうという思い込みが危険を見落とす原因なのかも知れません。

 

例えば、人間にとって快適な20度という気温も、大型犬等、暑さに弱いペットにとっては苦痛とまではいかなくとも不快に感じるのは事実であり、ましてや25度を超えると、暖かいというのを超え、暑いと感じるのは言うまでもありません。

 

春で25度を大きく超えるということはほとんどないのですが、日中の閉め切った車内では普通に起こり得ることであり、その限られた条件下で熱中症を引き起こしてしまい、命を落とすペットもいるのです。

 

「ちょっとした買い物や用事をすませ、ペットのみを残した車に戻ると、ペットがぐったりしていた。」

 

この時期、実にそのような話をよく耳にします。

 

幸い、すぐに、外気を入れ、水分を与える等をして、事無きを得ることのほうが多いのですが、あと少し遅ければ最悪の事態を招いたということも少なくはなく、そのように人間のちょっとした油断がかけがえのない命を脅かすことになるのです。

 

とくに日頃からペットと一緒に車で移動することが多い人は気をつけてあげてくださいね。

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 



 

大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せと
お手元供養品のお問い合せは

プレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.precious-corporation.com/blog/archives/14553/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
この季節に見落としがちな危険な事故 from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > この季節に見落としがちな危険な事故

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ