スタッフブログ―スタッフの日々、感じたことを発信します。

「見送る人を見守る人」あるポメちゃんのお見送りにて 最終回

Cちゃんのご火葬が終わり、Eさん夫婦は優しい箸使いで収骨をされました。

 

全てのセレモニーを無事に済ませたことにで、ご夫婦は安堵に近い表情をされていたのですが、不意にご主人さんが「すいません。もう一度、お名前はなんと?」と訊ねられたので「野村と申します」と私は答えました。

 

「野村さん。今日は本当にありがとうございました」とご主人はあらためて、頭を下げられ、感謝のお言葉をくださったのです。

 

「いえいえ、とんでもございません。私の方こそ一緒にCちゃんのお見送りをさせていただいて、ありがたく感じている次第であります」と私も頭を下げました。

 

会館を後にされるご夫婦を駐車場まで見送りに出た私にCちゃんのお骨壺を大切そうに両手に抱いたEさんがお車に乗り込まれる前、私を振り返り「すごい悲しい気持ちでここに来て、おそらく、もっと悲しい気持ちで帰ることになるんだろうなって思ってました・・・」とポツリと言われたのです。

 

「はい」と神妙な面持ちで返事をした私にEさんは続けるように「でも、野村さんがCのこと知っていてくれたことや、Cを、見るために同じ時間に通勤されていた話を聞いて・・・うまく言えないけど・・・なんかすごく嬉しかったです・・・・もちろん悲しい気持ちなのは変わりはないんだけど、なんて言うか・・・今、温かな気持ちも感じているんです・・・本当にここに来て良かった・・・」と目に涙を浮かべながらも笑顔で複雑な胸の内をお伝えくださったのです。

 

「そうでございますか。私も私がCちゃんのお見送りのお手伝いをさせていただいたことは本当に良かったと感じています。今はこの巡り合わせもCちゃんの導きだったなような気がしています」と告げました。

 

Eさんは涙を噛みしめるように、うなずきながら、最後にもう一度、深々と頭を下げて助手席に乗り込まれました。

 

反対側の運転席のドアの前ではご主人さんが背筋を伸ばしながら「お世話になりました」と力強く言ってくださったのですが、その言葉以上にご主人さんの目が(いいお見送りが出来ました)ということを私の心に訴えかけているようで、胸にズシリと感じるものが伝わってきたのです。

 

その言葉とお気持ちを受取りながら、私は外に出てお二人のお車を見送ったのですが、面識のある犬ちゃんのセレモニーの後にも関わらず、悲しみや、つらさよりも、役割を果たせたという達成感に近いものを感じていました。

 

もちろん悲しくなかったわけではありません。

 

しかしそれ以上に、Eさんが帰り際に言われた(もっと悲しい気持ちで葬儀場を後にすることはなく、温かな気持ちになれた)という言葉が私の心を温かく包んでくれたのは間違いありません。

 

我々、葬儀屋は「送り人」と表現されることもありますが、正確には「見送る人を見守る人」だと私は思っています。

 

ペット葬儀をしていると、友人や知人からのご依頼もあり、当然ながら面識のあるペット達のセレモニーを担当する機会もあります。

 

正直、そのようなとき、担当するのがつらく感じることもあるのですが、むしろ、面識があるからこそ、ちゃんと最後まで自分の役割を果たすがごとく、飼い主さんのお見送りのお手伝いを全うしなければならないのだとと、最近は強く感じています。

 

そうすることで、飼い主さんは僅かであっても安心感を得ることが出来るのも事実であり、それが後悔の無いお見送りにつながるのだと私は思っております。

 

そのことを、Eさん夫婦があらためて教えてくださったと私はCちゃんのセレモニーを終え、強く感じたのであります。

 

 

プレシャスコーポレーション

野村圭一

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



大阪 ペット葬儀・火葬に関するお問い合せと
お手元供養品のお問い合せは

プレシャスコーポレーションまで

大阪本社 大阪府守口市菊水通3丁目7-9

ペット葬儀・火葬のご依頼はフリーダイヤル:0120-982-660

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.precious-corporation.com/blog/archives/14523/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「見送る人を見守る人」あるポメちゃんのお見送りにて 最終回 from スタッフブログ|ペットの訪問火葬のプレシャスコーポレーション

Home > 未分類 > 「見送る人を見守る人」あるポメちゃんのお見送りにて 最終回

  • 亡くなったペットの遺骨で作るメモリアルグッズ
  • 永代供養
  • ペット火葬について日々のスタッフブログ
  • ペットロス 愛するペットの死を乗り越えるために
  • 訪問可能エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 その近辺のエリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ